print <<""; $CNF{Set}{ScriptName} [検索結果] &_Html_Head; print <<"";

テナント会員 会員室

 検索結果
検索の結果 $HitSu 件が該当しました。
$StartNum$EndNum 件目まで表\示しています。
$pagesuページ中 $FORM{page}ページ目です。
並び替え:登録日(降順/昇順)     参照数(降順/昇順)
&_PageControl(0,1,'表\示'); print <<""; 物件番号をクリックすると詳細情報が表\示されます。     前のページに戻る &_PrintData; print <<"";
&_PageControl(1,0,undef,'前のページ','次のページ'); print <<"";

このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP




1;